東洋水産 「マルちゃん でかまる RED旨辛とんこつラーメン」



「RED」を冠した「でかまる」シリーズのとんこつカップ麺

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる RED旨辛とんこつラーメン」。2018年8月13日に発売された、「でかまる」シリーズの新商品です。先週発売されていた「マルちゃん でかまる RED汁なし担々麺」とともに、「RED」の冠名の付いた唐辛子の味のカップ麺です。

RED」とは言いつつも、先週の「」はそんな辛くなかったんですよね。あんまり極端な味にしてこないのはいかにも東洋水産らしい味作りなんですが、「RED」ですからね。想像してしまうのはやっぱり激辛味だと思います。今回の商品は果たしてどうでしょうか。今回のとんこつスープと辛い味は相性が良いのは間違いないですが、どれくらいの辛さなんでしょうかね。





一応、今回もパッケージには唐辛子の絵が描かれています。前回のあまり辛くなかった「RED」にも描かれていたので、これがあるからと言って辛いのが決定というわけではなさそうです。前回が前回だったので、正直言ってあんまり辛くないのではないかと想像しています。

商品概要

品名:マルちゃん でかまる RED旨辛とんこつラーメン
メーカー:東洋水産
発売日:2018年8月13日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

日清食品 「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」



3種の鶏具材の入ったチキンラーメン

今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」。2018年8月13日発売の「チキンラーメン」シリーズの新商品です。前回レポした「たまフェス」と同じく、「チキンラーメン」60週年を飾る「大感謝フェスティバル」の商品として発売されました。

チキンラーメンの具材にチキンを使うカップ麺は、これまでにも多く発売されてきました。中でも酉年の2017年を前にして2016年暮れには、「チキンラーメン 酉年記念 ビッグカップ 5つの鶏素材」という、5種類の鶏素材を用いた商品も発売されていましたが、チキンスープ、たまご、ひよこちゃんナルト、鶏油までもが鶏素材として扱われており、鶏肉は炭火焼チキンのみでした。今回は当時より2種少ない「3種の鶏具材」との触れ込みではあるものの、炭火焼チキン、蒸し鶏、ひよこちゃんナルトの3種ということで、実質的に鶏の具材は1種類多いようです。

2016年の商品も今回の商品も、「ひよこちゃんナルト」が鶏具材(素材)のひとつとしてカウントされており、なんかメーカーが手ぐすね引いてツッコミ待ちしているみたいなので、触れるのが嫌だったんですが、まぁ今回もひよこちゃんナルトは鶏具材のひとつのようです。ヒヨコチャンハトリダカラナー。もちろんひよこちゃんには罪はないですよ。かわいいし。



商品概要



品名:チキンラーメンビッグカップ チキフェス
メーカー:日清食品
発売日:2018年8月13日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

明星食品 「明星 中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば」



「麻辣」をテーマにした「中華三昧PREMIUM」の新商品

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば」。2018年8月13日発売の、「明星中華三昧」シリーズの新商品で、その中でも高級ラインの「PREMIUM」を冠するカップ麺です。今週、「麻辣」をテーマとした「中華三昧」シリーズが袋麺2種とカップ麺2種で同時発売され、今回の商品はそれら商品群のうちのひとつとなります。もうひとつのカップ麺「明星 中華三昧カップ 麻辣担々麺」も後日レポ予定ですが、今のところ手に入れらていません。果たして手に入れられるのでしょうか。

今回の「明星 中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば」は、「PREMIUM」を冠する「中華三昧」の高級ライン商品で、「麻辣」をテーマに仕上げたまぜそばです。この手の味は「汁なし担々麺」が現在一世を風靡していますが、今回は汁なし担々麺ではなくまぜそばです。おそらく今回は、担々麺で特徴的な練りごまが使われていないものと思われます。「中華三昧PREMIUM」では今年4月に「明星 中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」が発売されており、花椒や唐辛子で刺激的でありながらも、練りごまの強く効いた担々麺らしい一杯でした。今回は担々麺ではないので、それとは一線を画す味で勝負してきているものと思われます。

中華三昧」といえば、明星食品における袋麺シリーズの代表的なブランドのひとつであり、またノンフライ麺ブランドの草分け的存在でもあります。当然、メーカーとしてはかなり大事にしているブランドと思われ、実際、カップ麺としても完成度の高い商品が多く発売されてきました。明星食品にとって、Gガンダムにおける「爆熱ゴッドフィンガー」、忍野忍における「妖刀心渡」クラスの存在かと思われます。

これまでの「中華三昧PREMIUM」の実績を考えれば、今回のカップ麺の成功も約束されたようなものですが、果たしてどんな味に仕上がっているのか、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:明星 中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば
メーカー:明星食品
発売日:2018年8月13日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

日清食品 「チキンラーメンどんぶり たまフェス」



味付たまごやかきたまに加え、「特製卵黄ソース」まで入るたまご尽くしのチキンラーメン

今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメンどんぶり たまフェス」。2018年8月13日発売の「チキンラーメン」シリーズの新商品です。60週年を迎える「チキンラーメン」シリーズの「大感謝フェスティバル」を飾る商品として、後日レポ予定の「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」と同時発売されました。

今回の「たまフェス」は、チキンラーメンと相性の良いたまごを使用した商品で、カップ麺でおなじみの味付たまごやかきたまに加え、「特製卵黄ソース」まで入る、たまご尽くしの一杯です。とは言え、基本的にはチキンラーメンのいつもの味のスープと思われ、このブログでは何度もチキンラーメンのカップ麺をレポしてきているため、それほど書くこともないようにと思います。今回は味というよりも、具のことを中心に書いていきたいと思っています。



商品概要



品名:チキンラーメンどんぶり たまフェス
メーカー:日清食品
発売日:2018年8月13日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製卵黄ソース)
定価:税別180円
取得価格:税込108円(イオン)

北海道のコンビニ「セイコーマート」のカップ焼そば!!セコマ 「山わさび 塩焼そば」



北海道のコンビニ「セイコーマート」オリジナル商品のカップ焼そば

今回のカップ麺は、セコマの「山わさび 塩焼そば」。北海道のコンビニエンスストアチェーンである「セイコーマート」オリジナル商品です。このブログをご覧の多くの方にとっては手に入れることのできない商品ですが、こんな商品もあるんだと思いながら見ていただけると幸いです。

セイコーマートは北海道で1000店舗以上を展開するトップコンビニチェーン

セイコーマートは北海道に1000店舗以上の店舗を持つ北海道トップのコンビニチェーンで、北海道以外にも茨城県と埼玉県に100店舗ほどのお店があります。北海道では都市部のみならず、あまり人の住んでいない地域にも店舗を多く展開しており、道民誇りのコンビニとなっています。全国でも、セブン、ファミマ、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキに次ぐ6位の店舗数で、ほぼ北海道のみの店舗数でこれだけ上位にいるのはなかなかすごいことなのではないでしょうか。北海道は人口あたりのコンビニ店舗の数が多いことでも知られており、セイコーマートによる都市部以外への積極的な店舗展開も大きな要因になっているものと思われます。

さて今回の「山わさび塩焼そば」ですが、セイコーマートで展開されている「山わさびフェア」商品のうちのひとつで、他にもカップ塩ラーメンや、お菓子などが販売されています。その中でも今回の「山わさび塩焼そば」はインパクトがあり北海道にちょっとした話題をもたらした商品です。

「山わさび」は北海道で採れる刺激の強い白いわさび

山わさび」は主に北海道で収穫される、本州で生産される「和わさび」とは異なる品種で、北海道では山の中に入ると自生している植物です。「レフォール」、「ホースラディッシュ」とか「西洋わさび」とも呼ばれます。ローストビーフに添えられることで有名ですね。「本わさび」と書かれていない練りわさび商品にも使われていることが多いそうです。和わさびと違って白い色で、辛みの初撃が和わさびより強く、わさびの風味自体は和わさびに劣るため、これ単体ではお寿司やお刺身には向かないように思いますが、私なんかはすってしょうゆと合わせて、温かいごはんにのせて食べるのが大好きです。頭にガツンと抜ける辛さで、辛すぎて呼吸が苦しくなったりもしますが、悶絶しながら食べるのが3月あたりの私の風物詩の一つとなっています。ごはん一杯食べるだけで猛烈に体力消耗するんですけどねw

そんなわけで、今回の塩焼そばにも悶絶する辛さを望みたいところですが、さすがにそこまでは無理でしょうか。ちなみに、パッケージに製造メーカーの記載はありませんでした。



商品概要



品名:山わさび 塩焼そば
メーカー:セコマ
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体ソース・かやく調理品)
定価:不明
取得価格:税込98円(セイコーマート)

セブンに売っていた農心(NONGSHIM)の「辛ラーメン キムチ BIG CUP」を食べてみました!!



スーパーや100円ショップで見かける「辛ラーメン キムチ」のビッグサイズ商品

今回のカップ麺は、農心(NONGSHIM)の「辛ラーメン キムチ BIG CUP」。発売日は不明ですが、今週からセブンの店頭で並び始めたので購入してみました。100円ショップやスーパー等で販売されている「辛ラーメン キムチ」のビッグサイズ版かと思われます。

辛ラーメン キムチ」は、「辛ラーメン」のバリエーション商品としてカップ麺のみで売られている商品で、定価税別180円ですが、スーパーや100円ショップなどでディスカウントされて販売されています。ノーマルの「辛ラーメン」とともに店頭に並んでいるのをよく見かける商品なのではないでしょうか。今回はその商品のビッグサイズで、こちらは今回セブンで並んでいるのを見かけたの以外に見たことがない商品で、メーカーサイトにも記載がありませんでした。セブン限定で販売されているものかもしれません。

通常サイズの「辛ラーメン キムチ」を未食なので今回の商品との比較はできませんが、今回ビッグサイズで見かけたのを機に食べてみたいと思います。どんな味のカップ麺なのでしょうか。



商品概要



品名:辛ラーメン キムチ BIG CUP
メーカー:農心(NONGSHIM)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(粉末スープ)
定価:不明
取得価格:税込216円(セブンイレブン)

二郎インスパイア店の再現カップ麺!!サンヨー食品 「サッポロ一番 らーめんバリ男 旨辛濃厚豚骨醤油」



二郎インスパイア店「らーめんバリ男」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 らーめんバリ男 旨辛濃厚豚骨醤油」。2018年8月6日に発売された新商品です。東京新橋の二郎インスパイアラーメン店「らーめんバリ男」の味を再現した、名店再現系のカップ麺です。

「らーめんバリ男」は東京都心のど真ん中にある二郎インスパイアのラーメン店



らーめんバリ男」は、東京新橋にある二郎インスパイア系のラーメン店で、日本橋とハワイにも支店があります。東京都心のど真ん中に存在するお店で、二郎インスパイア系で都心に根を下ろしているお店はそう多くないと思いますが、そのうちの一軒となっています。新橋と言いつつも西新橋の内幸町や虎ノ門に近い一角にあり、話題となっていた虎ノ門ヒルズと新橋駅の中間くらいの位置にあります。私は今年2月の東京出張の際にたまたまこの店でラーメンを食べているので、今回カップ麺になったのを知って楽しみにしておりました。

私はとんこつラーメンのおいしいお店と聞いて「らーめんバリ男」に伺ったのですが、それはそれはもう二郎インスパイアそのままのお店で、太いとんこつスープと、それに勝る強力な背脂が特徴的な一杯でした。場所柄、ビジネスマンが昼食をとるにに利用されているようですが、私なんかがこの店で昼食を取ると、もう午後からの仕事はお腹がキツくて厳しくなるんじゃないかと思います。文句なくバリバリの二郎系でした。

カップ麺で二郎の味を再現するのはなかなか難しいことだと思いますが、サンヨー食品はカップ麺メーカーの中にあって、二郎系のカップ麺を比較的多く出してきた実績があります。今回の一杯の再現性は果たしてどうなのでしょうか。楽しみです。



商品概要



品名:サッポロ一番 らーめんバリ男 旨辛濃厚豚骨醤油
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年8月6日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

エースコック 「リンガーハットのまぜ辛めん」



「ちゃんぽん麺」を使用したリンガーハットの「まぜ辛めん」が2年ぶりにカップ麺化

今回のカップ麺は、エースコックの「リンガーハットのまぜ辛めん」。2018年8月6日発売の、「リンガーハット」シリーズの新商品です。「リンガーハットのまぜ辛めん」は2016年6月にも発売されていた、リンガーハットのメニュー「まぜ辛めん」を再現した商品です。

リンガーハットの「まぜ辛めん」は、ちゃんぽん麺を使用したまぜそばとして2016年に登場し、そのまま定番メニュー化しました。リンガーハットの定番メニューである「長崎ちゃんぽん」や「皿うどん」とは一線を画すメニューで、肉みそを使用し、花椒が効いた一杯です。追い飯に対応しており、別売りのごはんを入れて混ぜごはんにできます。これがカップ麺になってしまうと残念ながら大きな特徴である「ちゃんぽん麺」の特徴が消えてしまうため、前作は正直あんまり強い印象の残らない商品でした。今回は果たしてどうでしょうか。

2016年の商品はカップ焼そばと同じような四角い容器で発売されましたが、今回は底深めの丸型になって登場し、前作から一新した模様。カップ麺で続く汁なし麺旋風に乗れる一杯になっているのかどうか、食べるのが楽しみです。



商品概要



品名:リンガーハットのまぜ辛めん
メーカー:エースコック
発売日:2018年8月6日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(調味たれ・かやく)
定価:税別230円
取得価格:税込198円(コープ)

名古屋屈指の人気ラーメン店の味を再現!!寿がきや食品 「らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺」



名古屋屈指の人気店「らぁ麺 紫陽花」の味を再現!!

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺」。製造は加ト吉水産。2018年8月6日発売の新商品で、名古屋の人気ラーメン店「らぁ麺紫陽花」の一杯を再現したカップ麺です。

らぁ麺紫陽花」は、名古屋に2015年にオープンしたお店で、ご自身を「元らヲタ」だとしている方のお店です。ラーメン好きが高じて自分のお店を開いてしまうなんてすごいことですよね。食べてあーだこーだ言うことと、実際作ることはまったく別の問題で、私なんかおそらくメーカーの人よりたくさんカップ麺食べていますが、どうやって作るのかは工場見学レベルくらいでしか理解していません。どこでお店お開き、スープを作って、タレをあわせて、麺は自家製かメーカーに委託するか、材料はどこで調達するか、従業員をどうするか、お店を開くにあたり考えなければいけないことが多すぎて、私なんかだともう食べてるだけでいいやと絶対思ってしまいます。

お店は名古屋でも屈指の人気店で、開店前から行列ができてしまうほどの盛況ぶり。お店のメニューは今回のカップ麺が再現している「醤油らぁ麺」と、「麻辣担々麺」、そして「濃厚つけ麺」が主だったもので、特に「醤油らぁ麺」が看板メニューのようです。「台湾ラーメン」や「台湾まぜそば」、そして「スガキヤ」のお膝元である名古屋にあって、それらを意に介さず我が道を行っています。

名古屋屈指の人気店の味を再現したカップ麺、果たしてどんな味なのか、襟を正して食べてみたいと思います。



商品概要



品名:らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年8月6日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別238円
取得価格:税込257円(ローソン)

「RED」を冠した汁なし担々麺!!東洋水産 「マルちゃん でかまる RED汁なし担々麺」



商品名に「RED」が入る、唐辛子を効かせた「でかまる」の汁なし担々麺

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる RED汁なし担々麺」。2018年8月6日発売の、「でかまる」シリーズの新商品です。来週発売の「RED旨辛とんこつラーメン」とともに、唐辛子を効かせた「RED」がテーマの商品となっています。なんだかAppleの商品みたいですね。

2週連続で発売される「でかまる」の「RED」をテーマとした商品で、まず今週は人気のフレーバーである「汁なし担々麺」から。大盛カップ麺の「でかまる」なので、汁なし担々麺を大盛の麺量で食べられる貴重な商品となっています。辛さに加え、シビレも重要な要素となる汁なし担々麺で、「RED」と商品名に入り、パッケージも真っ赤で、ご丁寧に唐辛子の絵まで描かれています。そうなると相当辛くて刺激的な味を想像してしまいますが、「でかまる」シリーズだと購買層のレンジが広いため、なかなか極端な辛さにはし難いイメージもあり、果たしてどちらなのでしょうか。



商品概要



品名:マルちゃん でかまる RED汁なし担々麺
メーカー:東洋水産
発売日:2018年8月6日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・粉末ソース・レトルト調理品)
定価:税別220円
取得価格:税込214円(コープ)